© 2016 by Demi Watson. Proudly created with HARU Interior Directions ,Inc.

 

リノベ実例に学ぶ「家も心もオープンに」

June 26, 2018

 

【MLクラブ・ローズマリーサロン】

モダンリビング発行人、下田さんのご自邸にて開催されたリノベセミナー。

おもてなしの極意も体験できた素敵な時間のお話です。

 

ゲストは会員のコーディネーター8名。

6年前にリノベした下田さんご夫妻と、ご友人が

絶品ローストビーフやチーズケーキを作っておもてなしくださいました。

 写真上:美味しいパンに色々なディップを添えて。笑顔で勧めてくださる下田さん。

 

実際に伺って一番感じたことは

下田邸がとてもオープンな作りになっていること。

玄関を入ると、そこにはオープンな下駄箱や

オープンなクローゼットが存在しています。

 

さらにその脇にはオープンな文庫本の書棚と

セミオープンなロフト空間。

下田さんにとって、大切な本がロフトにもずらり。

ロフトにも風が回ります。

 

 

 

 

まずは手を洗って!

と、廊下を進むとバスタブまで

オープンになっている洗面台が。

 

そしてLDKも一つの空間になっています。

「ドアは玄関とトイレにしかないの!」

確かに。それぞれの寝室には引き戸がありますが

おそらく日常はオープンのまま暮らされていることでしょう。

LDKの3つのサッシにはカーテンもありません、

北欧みたい!

 

写真上:個室のカーテンはあっさりした白い生地をクリップで。壁は漆喰光が反射する様が美しいと言う。 

 

ランチの後には家の中を回りながら、

リノベの工夫やこだわりをお話くださいました。

キッチンの全ての引き出しの中から、

床下のコンセントのボックスの中までオープンにして

解説してくださいました。

 

写真上:シンプルなブラケット照明はサポーズオリジナル。枝がセードとして影を作る。 

 

そして、ティータイム。

なんて言えばいいのかなぁ・・・この感じ。

全てをオープンにしてくださった下田さんに

私たちも、いつのまにか心がほどけています。

自分の気持ちをみんなが素直に語り出します。

 

その間、ご主人たちはキッチンの内側で

やんわりとした空気を漂わせてくださっています。

家の部材にも、カチカチしたものはなく

アンティークの家具や、

自然素材のもの、そしてグリーンでいっぱいです。

どれもやんわりとしたものばかり。

 

写真上:先日のMLクラブで訪ねた、旭川のクラフト工房、早見さんのモビール。

 

おもてなしの極意はここにあるんだなと感じました。

家も心もオープンに。

 

もしもリノベを考えているお客様が

その後の人生の中で

人との交わりを重視する方なら

「こんな暮らしかたもリノベで叶いますよ!」

とお話してあげたいと思います。

 

下田さん、みなさん、ありがとうございました。

 

 

HARU Interior Directions,Inc.

 ツジ チハル

 

 c.harunohana@icloud.com
 102-0074  千代田区九段南2-4-11
 HYVETOKYO9F   03-4530-3153
 www.interiordesignerharu.com

⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂

 

☆インテリアコーディネートやマンションリノベについての

 ご質問やご相談はお気軽に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

セミナー受講者募集中! 10/21 サンゲツSRにて 日本インテリアコーディネーター協会主催

October 14, 2019

1/10
Please reload

最新記事