© 2016 by Demi Watson. Proudly created with HARU Interior Directions ,Inc.

 

photo:​ CHIHARU TSUJI 

​INTERIOR DIRECTION

​和のテイストの展示場の依頼だった。想像する普通の和風の展示場で、若い方々の心をつかめるだろうか?障子や襖紙、焼杉を思わせるようなう造りの黒い板壁。伝統的な要素を取り入れながらイームズやKNOLLのソファを組み合わせた。多国籍な空間となった。感動はいつも驚きを伴うもの。新鮮な「インテリアの妙」を感じて欲しい。

​塗り壁に杉の格子。中と外に緑を配した。合わせたのはYチェアとバブルランプとオールドキリム。行灯のような光が外からも美しい。

組子細工の細かさにはため息が漏れる。

​職人の技により陰影をもたらすのは背面のアンティークのペンダント。ガラスの模様が壁に揺らぐ。

​このやんちゃそうなチェアーはシャルロットペリアンのユーズドだそう。北欧ビンテージのデスクと合わせてみた。なかなかの好相性に思える。