© 2016 by Demi Watson. Proudly created with HARU Interior Directions ,Inc.

 

photo:​ C.TSUJI 

​INTERIOR DIRECTION

富士の裾野の緑豊かなロケーション。愛犬と暮らすご夫婦の家。最優先すべきは愛犬も暮らしやすい空間であること。滑りにくいタイル貼りの床を選択したことから、livingdiningは土足生活という大胆な決断。インテリアイメージの方向性は、ウォルナットのYチェアを使いたいという具体的な要望から北欧テイストを主軸に。グンログソン邸のように日本的要素を加えたスタイルに。

photo:​ OZさま

photo:​ OZさま

photo:​ C.TSUJI 

自然に囲まれたロケーション。四季折々の風景が大きな開口や丸窓から絵のように楽しめる。その自然とも調和するようなデザインを心がけたい。

​確かこのスタンドには木の名前が付いていた。この家の明かりはほとんどスタンドで賄われている。くつろぎの時間がおくれるように。

​玄関ドアから一階の突き当たりまで、まっすぐな動線。車椅子のご友人も、バリアなくダイニングテーブルに進める。大小のスタンドを入り口と突き当たりに配し、よりダイナミックな遠近感を演出。スワンチェアの赤は、この家の臥龍点睛としてリコメンドした。

大開口の間取り上、収納が取りにくい。

​日常、滞在する時間が最も長いソファーの裏にオーダにて収納と作業のデスクをレイアウト。ソファーで読んだ本の仮置きや、ダイニングテーブルで作業する時の細々したツールの収納ができる。日々をすっきり暮らす工夫。読書好きなご夫婦のコージーコーナーは2階に。