• HARU’sテーブル

リノベ体験リアルトーク最終回 家に帰るということ。


リノベ対談その5 いよいよ最終回!遊びに来たご友人の反応や、実際に半年ほど暮らしてみて感じた「家に帰る」気持ちについて語って下さいました。これからリフォームをしようと考えている方へのアドバイスも!(写真上:いつもお花は欠かさないという奥様がご自宅に活けたお花。)

HARU:お引越しから、はや半年が過ぎ、お客様やお友達が実際にいらしたと思います。みなさんの反応や感想はいかがでしたか?

奥様:玄関に入って、吊り押入れの襖紙を見て「わぁ〜、素敵!」と皆さん、言ってくれました。そして、家の中の色調がいいね、と。もう、いろんな「いいね!」をもらいました。そして、みんな、自宅をリフォームしたい気持ちになってしまうみたいです。笑

HARU:わ、それは嬉しいですね。特にリフォーム前をご存知の方は、玄関だけでも本当にびっくりされるでしょうね。玄関の第一印象って大事ですよね。玄関だけで、お帰りになる方も多いでしょうから。(写真上は、一緒に玄関の襖紙を選びに行ったショールーム)

そういう嬉しい反応をいただくと、以前よりもっとお客様をお招きしたくなったんじゃないですか? 

奥様:はい、ぜひ来ていただきたいと思っています。みんなに「出来たら来てね!」と言ってあったのですが、今は、中々時間が取れなくて・・・。

HARU:お招きされるって、やっぱり嬉しいことですものね。なんと、「家を新築したり、リフォームをしたらしたいこと」の回答の上位は「友達を呼んでお茶したい!」です。女性の場合ですが!

奥様:確かに!女性はそうかもしれないですね。

HARU:実は今日は、私の知人が見せて欲しいというので、一緒にマンションに伺わせていただきました。奥様の手作りのランチ、美味しかったです!こういう家庭の味が何よりのご馳走です。綺麗な和食器も楽しめました。

久しぶりに、ご主人のソファーでくつろぐ姿も伺えて、素敵な時間を過ごさせていただきました。

奥様:お忙しい中おいで頂きありがとうございました。また、お粗末なお昼で恐縮でした。半年経った暮らしぶりを見ていただけて良かったです。

HARU:知人の「マンションじゃないみたい〜!すごく落ち着くね!」という言葉が嬉しかったです。色々と参考になったようです。そういった今後リフォームなどをお考えの方へ、アドバイスをお願いします。

奥様:リフォームされる方は、コンセプトをはっきり決めること。好きなもので揃えていくこと。譲れないものを決めること。後、妥協はやめることだと思います!

そして・・・

プロのいう事は聞きましょう。正しいです!

HARU:笑!ありがとうございます!

これは、ご主人とほぼ一致したご意見ですね。さすが仲良しご夫婦!

(ご主人とのトークは、過去の4月9日のブログをご覧ください。男性ならではの現実的なご意見が満載です。)

・・・そうですね。リフォームって「暮らし方の棚卸し」から始まりますよね。そこから今後どんな人生を送りたいかという、人生のコンセプトを決めることが大切ですね。

特に、好きなもので揃えていくことは本当に重要ですね。その選択が自身の人生を幸せにしていくことに繋がるのですよね〜。

(上は参考写真。ダイニングに納品させていただいたアートを気に入ってくださり、リビング入り口にもう1枚のアートを今、一緒に探しています。)

奥様:はい、家をリノベーションしていく過程で、自分自身でも色々な気づきがあり、勉強したり、考えたりした結果、出た答えです。

昔、あるハウスメーカーさんのキャッチコピーの「帰りたくなる家」というの見て、しっくりこなくて語呂が悪いなぁと感じました。その時は。

でも、「帰りたくなる家」はあったんです!

HARU:わぁ!

奥様:「帰りたくなる家は、自分で作る!」ということがよく、わかりました。

HARU:おー!本当にそうですね!素直な主体性を出していただけると、請け負う側も、ありがたいし、より分かり合えると思います。

ご夫妻のアドバイスをまとめると

①お客様は今後の暮らしのコンセプトを明確にする。好きなものに正直になる。

②私たち請け負う側は、その具現化の提案を知識と経験を持って一生懸命させていただく。

③お客様は提案に対し自分の意思で優先順位のもと判断を下していく。

④わからないことは、プロの意見に耳を傾けるのが得策。

こういう事ですね!

奥様:はい。今は想像していた以上に快適です。リフォームする時期についても2年後くらいにしようかなと迷ったりもしましたが、思い切ってやって本当に良かったと、今は思っています。

HARU:そうですね。やはり、体力も気力もいる作業です。まだ50代のお二人は、お仕事が忙しい最中ではありましたが、グッドタイミングだったと思います。

Y様ご夫妻の人生の舞台を作らせていただけて光栄です。大道具から小道具まで、好きなものに囲まれて末長く幸せな毎日をお過ごしいただければ幸いです。

奥様:ありがとうございました。ハルさんの、ますますのご活躍を祈っています。

いかがでしたか?全5回の対談も一旦これで終了です。参考になりましたでしょうか。

でもなにやら近い将来、新しい家族・・・猫ちゃんを迎えることを検討しているそうです!

実は、猫が大好きなご夫妻のために、リビングと寝室の間に猫の通り道が作ってあるんですよ、準備OK!(写真上は、オリジナルの猫ちゃん通り道を造作テレビボードの脇に取り付けてくださっている職人さん。狭いところにすみません!)

私も猫大好き。もしも、猫ちゃんが暮らし始めたら、またレポートさせてもらいますね。

面白いエピソードがいっぱい起こりそうな予感。お楽しみに!   

☆Y様の、リノベの詳細はworksのページでご覧ください。過去4回のブログもぜひご覧ください。

☆うちのマンションもリノベしたいなー・・・とおぼろげに思っている方は、ぜひ1度、無料相談にお越しください。眺めの良いオフィスです。お茶しながら、色々とお話ししましょう。

☆私と一緒に、対談ブログにゲスト出演したい方、募集中!暮らしや、インテリアにまつわるお話しませんか。ご連絡、お待ちしております!

HARU Interior Directions,Inc.

ツジ チハル

c.harunohana@icloud.com 102-0074 千代田区九段南2-4-11 HYVETOKYO9F 03-4530-3153 www.interiordesignerharu.com

⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂

#和モダン #インテリアコーディネーター #マンションリノベ #マンションリフォーム #猫

© 2016 by Demi Watson. Proudly created with HARU Interior Directions ,Inc.