© 2016 by Demi Watson. Proudly created with HARU Interior Directions ,Inc.

 

  • HARU’sテーブル

女子がインテリアに求めるものって?


今週は、コーディネートをご依頼してくださった、お二組の女性のお話。両方の家にお邪魔して、ご要望を伺わせていただきました。どちらもお引越ししてまだ1週間足らず。お二人の年齢は一回りほど異なりますが、ご要望の本質には、類似点がたくさんありました。たまたま?ということもあるかもしれませんが、少しだけ触れて見たいと思います。

Aさんは、お子さん2人と3人暮らしを始める方。Bさんは、ワンチャンと暮らす独身女性。

どちらも、きちんと働いて高収入を得ている方です。その方々が、暮らしの中で、もっとも優先順位の高いこととして揚げたのはなんだと思いますか?

・・・それは「眠りの質」でした。

眠りは、大切・・・自分をリセットしたり、明日の自分のためのもの。だから投資する意味がある。という感覚があるように受け止めました。

もちろん、寝室のインテリアテイストの好みはそれぞれ異りますが、本質的なところは似ているなぁと思いました。「フレームよりは、マットレスが大事!」も、共通点。

寝室のカーテンについては、遮光性を求める度合いは全く違っていましたが、色のお好みは似ていました。アイボリーから、ベージュ、グレージュのシンプルなもの。「ごちゃごちゃすると落ち着かないから・・・。でも真っ白はちょっと疲れるかも。」

照明は、お二人とも「手元で消せる赤みのある光の、スタンドがあればそれで十分」・・・

わぁ、進化してるなぁと思いました。10年前は、スタンドだけの提案をしたら、暗くないですかぁ?と必ず聞かれたものです。

白い蛍光灯の色の元では、心が癒されないことを実際に感じ取ってらっしゃいました。

それだけ、心が疲れているという証なのでしょうか?

それにしても、どちらの家も、お引越しからまだ1週間も経っていないというのに、意外とスッキリしていてびっくり。ダンボールだらけ?では、ありませんでした。

「ほとんど捨ててきました!私、色々なもの、あっさり捨てられるんです。」これも共通点。

確かに、お二人とも、心機一転のお引越し。潔さが感じられました。

とはいえ、どこか不安も抱えているのでしょうね。それは誰しも多かれ少なかれ持っていて、ゼロなんて人はいないですものね。小さな水晶の石が、どちらの家にもありました。ちょっとした浄化のおまじない。一般の方が、お守りを神社で買い求めて納めておく感覚に、近い気がしました。「別に、すごいこだわってるわけじゃないんですけどね。」

そして体も大切にしています。Bさんは「食事もきちんとした姿勢で食べたいので、たとえ一人でもダイニングテーブルで食べたい。ソファーで食べると胃のあたりに負担がかかりますよね?」と語り

Aさんは「心と体は連動している」といったような意味合いのことを書いてらっしゃる・・・。 

私に、インテリアのお好みをご説明してくださるためにBさんが取り出したのは携帯。インスタの写真をたくさん見せてくださいました。「こういう、いいと思うのはみんな海外のもの!そして、海外の家具はおしゃれだけど安い!どうしてこういう家具、日本にはないんですかぁ?」そ、そうですよね・・・汗。収納の相談はディノスのカタログを見ながら。ディノスのカタログはAさんの家にもありました。「でも「イケ○」や「ニト○」の家具からは卒業したいんです、すぐ壊れちゃうし・・・」というところも共通点。そういうのは経験値から学ばれているようでした。

また、「自分では無理!考えられない。プロにお任せしたほうがいい!」この感覚も、共通点。Bさんは、以前のお住まいに引っ越された時にもコーディネーターに依頼したとのことでした。「やぁもう全然綺麗にレイアウトしてくれましたもん。」というのが感想でした。その言葉に多少のプレッシャーを感じつつも、以前担当された見知らぬコーディネーターさんに感謝。良いお仕事をしてくださったからリピートが出たわけですからね。

「プロに依頼するって、結局はお金や時間を無駄にしない選択ダ!」と思ってくださっているようです。自分で、悩んで時間と労力を費やしても、よくならないならプロにお任せ。その分、私は私の仕事で稼いだほうがいい・・・そんな感じです。さすが働く女子だなぁって思いました。お二人とも、ご自身のお仕事にもプロ意識を持ってらっしゃるからこそ、プロを信じてくださるのだと思います。

彼女たちが、家に求めるもの、とりわけ部屋の中に求めるものは心穏やかに過ごせる居場所。自分の心や体にいい部屋にしたい。そういうことに行きつくように思えます。自分を幸せにするための出費は必要経費としてきちんと捉えてらっしゃる。もちろん、予算感はそれぞれ異りますが。

なんとか、そのご要望にお答えするように家具やカーテンのご提案、頑張らなくっちゃ!でも、本当は、そういうハードな「物」が欲しいわけじゃないから、超むづかしーっ!

どれだけ感覚を(心を)満足させてあげられるか・・・うーん、悩みますー!

ま、それが私のお仕事ですからね。(写真は全てイメージ)

☆心機一転のお引越しを考えている方はいらっしゃいませんか?ぜひ、お引越し先を決める前に、候補の間取りをご持参の上、ご相談くださいませ。お客様の要望にフィットする間取りか否か、一緒に見極めからの決定がおすすめです。初回60分のご相談は無料です。

☆ブログの配信予約は、ブログ全体ページの最下より、アドレスをご登録ください。

HARU Interior Directions,Inc.

ツジ チハル

c.harunohana@icloud.com 102-0074 千代田区九段南2-4-11 HIVETOKYO9F 03-4530-3153 www.interiordesignerharu.com

⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂

#断捨離 #インテリアコーディネーター #マンションリフォーム #暮らし