• HARU’sテーブル

北欧で大注目のKIBISIのチェア、知ってる?


7月19日フリッツハンセンのイベント にて。北欧で、もっとも注目を集めるデザイントリオ「KIBISI」のデザインした、VIA57TMの誕生について語ってくれました。

上が VIA57TMのラウンジチェア。(フリッツハンセンのサイトよりダウンロード)

まず、「KIBISI」は世界が注目する建築家ビャルケ・インゲルスをメーンバーの一人としています。

そのビャルケの建築設計事務所BIGが手がけたビルがニューヨークのマンハッタンに完成しています。

ビルの名前がVIA57WEST。

なんだか天に突き刺しそうな感じ。真ん中のところは太陽光の方向に開かれた中庭。

その建築のためにデザインされたチェアーがVIA57TMなんですって。

BIGのメンバーが来日し、ビルのコンセプトやデザインの概念を教えてくれました。

正直、ビルの写真を観ても、私はその中でどう過ごすのかイメージはつかめません。でも、このチェアーが配されていることで、「あー、きっとこう過ごせるビルなのかも!」と、イメージできます。

(写真上はBIGのメンバーが、その他の世界中の壮大な建築プロジェクトについて語るところ)

昔から、ヤコブセンもアールトも、ライトも・・・巨匠と呼ばれる建築家は、

その建築にふさわしい家具を自身でデザインしていますものね。

小さな椅子1脚で、大きなビルの全てを言い表すことができるなんて、すごいですよね!

会場は、インテリア関係の方よりも建築関係の方150名で埋め尽くされていました。

場所は渋谷のTRUNK HOTEL。この場所の設定も、さすがフリッツハンセン!

TRUNK HOTELの魅力については、また次回のブログにて!

☆その他、インテリアコーディネートやリフォームなどについてのご質問やご相談はお気軽に。

HARU Interior Directions,Inc.

ツジ チハル

c.harunohana@icloud.com 102-0074 千代田区九段南2-4-11 HYVETOKYO9F 03-4530-3153 www.interiordesignerharu.com

⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂

#ソファー #インテリア #家具

© 2016 by Demi Watson. Proudly created with HARU Interior Directions ,Inc.