© 2016 by Demi Watson. Proudly created with HARU Interior Directions ,Inc.

 

  • HARU’sテーブル

伊勢神宮⑤ 内宮参拝と英虞湾クルーズ!


伊勢の旅の最終回!いよいよ内宮のお参り。この日も爽やかな秋晴れ。秋分の日の神事にも、ちょうど立ち会うことができました。

そもそも、私がどうしてお伊勢参りをお彼岸の中日にこだわっていたかというと・・・

「伊弉諾神宮(兵庫県淡路市)に「陽のみちしるべ」と記された石碑がある。春分、秋分の日の太陽が通過する北緯34度27分23秒の緯度線に伊勢神宮(三重県伊勢市)、伊弉諾神宮、対馬海神神社(長崎県対馬市)が一直線に並び、冬至、夏至の日の出、日没の方角にも伊弉諾神宮ゆかりの神社が並ぶと説明されている。」(産経westの記事より)

そんなことを、何年か前に聞いたことがあり、春分の日に生まれた私は、なんとなくお彼岸にお伊勢参りをしたいと思っていたのでした。この不思議なことを調べると、奥が深くて面白いけど、今日はここまでにしておきますね。

そんな訳で、朝早起きをして日の出が見れたのもとても感慨深いものでした。(昨日のブログを参照ください)

五十鈴駅についたのは6時30分。ここからタクシーで内宮まで行こうとしたら、タクシーはいないし、電話も出ない!・・・聞くところによると、昨今の働き方改革で、タクシー協会も7時からでないと始まらないとのことでした。あらら・・・。右往左往して見ましたが、歩いた方が早そうなので、テクテクと。20分くらいで参道入り口です。

参道沿いのお店は、まだ早すぎてどこも開いてません。おかげ横丁もまだ開いてないでしょうから、まっすぐに内宮に向かいます。参拝は5時からできると書いてありましたので、そこは安心。近くの駐車場は、すでに満車のマークがついていました。

いよいよ、神聖な世界へと宇治橋を渡りました。五十鈴川の御手洗所に向かう鳥居の手前で、警備の方に「これから神事が始まりますので、一旦通行をお待ちください」と、止められました。見ると、

なにやら、厳かな儀式が・・・。調べると、秋季皇霊祭遙拝と言って「歴代天皇・皇后・皇親等の御霊をお祀りする皇居内の皇霊殿において、天皇陛下御親らお祭りを執り行わせられるにつき、神宮においても遙拝式を行います。」とありました。やはり、秋分の日ですね。

最初の写真の、白い装束に身を包んだ方が、なにやら焚いていました。それが上の写真です。

方角的には、西に向かって執り行われていましたので、やはり京の方角なのでしょうか?

白い装束に朝日が当たって、本当に眩しかったです。

終わると、私たちは五十鈴川の流れでお清めし、神楽殿の美しい屋根(写真上)を見ながら、奥深くの正宮へと進み、20段の階段を登って天照大神への参拝を済ませました(写真下)。こちらも、撮影は階段の下まで。念願が叶いここまで来れました。ここでは、お願い事はせずに、感謝をお伝えするのが良いとされています。なので、正宮の左奥に歩いて、唯一お願い事をしても良いという荒祭宮に、お願い事を託しました。

そこから、参集殿にてお守りをいただいて、風日祈宮を参り、再び宇治橋へ向かいました。

神苑では、お神楽の準備がされていました。これもお彼岸の祭事とのこと。きっと雅な舞が奉納されることでしょうね。残念ながら、その時間までは待てないので、また次回。

と、神苑から宇治橋にかけて、歩くのですが、押し寄せる人波がすごいことになってきました!なんだか、初詣のような人混みになってきました!そして、先ほど、誰もいなかった参道が、向かってくる人が道幅いっぱいに溢れてます。だめだ・・・おかげ横丁まで逆走はできそうにありません。

5時起きで朝ごはん抜きだった私たちは、9時、お腹が減って鳴っています。参道の、一番近いところのお店で、伊勢うどんをいただくことにしました。

伊勢うどんも、初体験。柔らかいとは話には聞いてましたが、本当にふわっとした麺なんですね。はるばる歩いてきた人の、胃に優しくできているという説もあるようです。

私たちは、うどんを食べながら、いやー、やっぱり、お伊勢参りは早朝で正解だったね、と話しました。遅くても8時には参拝を目指した方がいいと思います。車道もすっかり渋滞してましたもの。

そして、この後どうしよう?と相談。たっぷり時間はあります。

やっぱり、海がいいな・・・という私に友人は付き合ってくれました。五十鈴駅から英虞湾の賢島まで、電車で50分くらいなんですが、意外と混んでました。

そして、このエスペランサ号で、英虞湾(アゴワン)クルーズ! 賢島の駅を降りると、5分くらいで乗り場です。約1時間のクルーズの間には、真珠の作り方を見せてくれるところに降り立ったり、伊勢志摩サミットが行われたホテルを海側から見ることができましたよ。(写真下)

日に焼けそう!と言いつつも、デッキで海風を堪能しました。

船を降りて見ると、真珠屋さんが立ち並んでいました。写真下の老舗の真珠屋さんの建物も貫禄がありますね。やっぱり女子旅なので、2、3件の真珠屋さんを目の保養に尋ねて見ました。英虞湾で取れたケシパールのネックレスや、花珠のパールが綺麗でした。真珠屋さんに聞くと、賢島は電車で来ると他には見るところはないようなので、海のものが美味しい和食屋さんで、遅いランチを済ませて、帰路につきました。

1泊2日、満足の旅でした。伊勢は11月下旬に紅葉を迎えるそうです。そんな時期も素敵でしょうね。たくさんの自然がリフレッシュさせてくれます。お願い事を一つだけ・・・と考えると、自分にとって何が一番大切か、改めて認識することもできます。皆さんは、一つだけと言われたら、何を願いますか?

☆ここまで読んでくださりありがとうございます。次回からは、インテリアのお話に戻りますね!

☆インテリアコーディネートやリノベについての、ご質問やご相談は、お電話かメールでお気軽に!

メールの配信予約は、ブログページの最下より、アドレスをご登録ください。

HARU Interior Directions,Inc.

ツジ チハル

c.harunohana@icloud.com 102-0074 千代田区九段南2-4-11 HYVETOKYO9F 03-4530-3153 www.interiordesignerharu.com

⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂

#旅